2010年06月24日

マルチ商法について考えてみた

またまた日が空いてしまいました。orz
相変わらず仕事が人のせいでデス化してます。(TT)

仕事の不満はおいておいてw、うちのmamiさんもmixiに書いていましたが、マルチ商法(Amwayとかね)について考えてみました。

マルチ商法に関わると、人間関係を壊すと言われてますが、事実としてそれを目の当たりにしました。

マルチ商法って良く考えてみると、商品とかを人に紹介して購入してもらい、その購入額に応じて紹介者が金銭等をもらうわけで、仕組み的にはアフィリエイトも同じです。ですから、極端な話、Amazonなどアフィリエイトプログラムで生計を立てていくのとそんなに大差ないわけで、それ自体を一方的に悪いとは思いません。

しかし、マルチって、友人・知人の人的ネットワークに紹介していくわけで、その人たちに商品とかサービス、その会社の理念に賛同してもらって、商品の購入をしてもらい、購入してもらった見返りから収入得ます。でも、その収入って知人たちが仕事で稼いだお金を使ってもらたお金の一部なわけです。
別にマルチ商法を否定する気はありません。実際、良いものやサービスも存在するのは理解します。
ですが、非常に当たり前のことなんですが、その知人にも家族があり生活や将来の計画があります。自分の稼いだお金は他人にとやかく言われて使うことはないし、使うことを期待してはいけません。極端に言い換えれば、自分のマルチでの目標や収入達成のために他人にお金を使ってもらうってことは、直接的ではないにせよ、人を金づるに考えていると思います。

今回自分が目の当たりにしてたのは、そのことが分からない人だったようです。

その彼は会社の競争社会についていけず、精神的に療養している時期に、「良いものを他人に紹介して感謝されながら自分も収入を得ることができる。」と、社会経験も浅く、心が弱っているスキマに魔が差しこまれたようです。
冷静に考えることができれば、紹介してきた人の収入を支える駒(捨て駒)として使われようとしていたのも判断できただろうに...。

その彼からは、頼んでもいないのにAmwayの商品に関する記事のコピーとか送りつけてきたり、小さな子どもがいるのに真夜中にメールなどで連絡を取ってくるとか、「引っ越しのあいさつをしたい」と言ってマルチの知り合いを連れてこようとしたり(断りましたが)、とにかく失礼なことは山積みで、最後は罵詈雑言を捨て台詞で吐いてくるまでになってしまいました。
何回も、「やるのは良いけど、本業をしっかりやった上で、趣味の範囲でやったほうがいいよ。」と言ってはいたんですが、もっと強く引き止めるべきではありました。非常に残念でなりません。

こうやって自分の知り合いがダークサイドに堕ちていくのを見るのは非常につらいことです。
既に自分たち以外からも縁を切られているようで、今後マルチ的にも収入を得ることも難しいですし、本業も復帰する気があるのかできるかわからない感じなので、心配してもしかたがないんですが、やはり心配です。
商品を購入して欲しいと言われるよりも、ご飯やお酒をおごってあげたかったです。可能性はほぼないかもしれませんが、マルチから足を洗ったら来にくいとは思いますが、遊びに来て欲しいです。いままでやってきたことは怒っていませんから。(でも、遊びに来るときは足を洗っておいてくださいね。)

カッコいいことを言う気はさらさらないんですが、価値観はいろいろあるので一概には言えませんが、人間の幸福って楽して収入を得ることではないと思います。
家族や友人・知人とお互い支えあって、そこそこ不自由なく暮らしていければ結構幸せだと思っています。
あっ、感謝しながら生きるってことなのかも。なんか歳をとりましたわ〜w。

posted by aki at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | akiの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルチとは関係なく、商売するにはある程度の積極性は大切だと思いますが、自分の正しさを人に押し付けるのと、常識はずれな付き合い方は、ちと付き合いたくなくなりますね。

私的には特にマルチ商法と言うものに、ハマっている等は特に関係ないのですけど…。
Posted by 高橋@浦和 at 2010年09月20日 08:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。