2010年02月14日

デザインパターンについて考えてみた

会社の技術研修ではデザインパターンについて教えようとする者はいないようだ。
(デザインパターンの重要性がわかっている少ないように思うのは、不幸な環境の所為だろうか...?)

まぁなんでこんなことを言い出すのかというと、昨年の12月ごろに自分のプロジェクトに部下がアサインされました。

1年目の新人で、どこのプロジェクトにも属さずに半飼い殺しのようにされていた(部長の直下で雑用部隊にいた)状態だった。
そこで、2ヶ月ほど教育を施し、その際にデザインパターンについて暗記させたわけなんですが、よくよく考えると、デザインパターンなんて新人研修で前もって教えておくべきだよなぁ...と思ったわけなんですよ。

 

で、デザインパターンってなんだろう?

って改めて考えると、先人の知識&経験により最適化された手法であり、数学でいうところの「公式」ではないかと思います。

数学を勉強していくにあたって、定理や四則演算だけではなく、2次方程式の解を導く公式であったり、三角関数の倍角の公式って憶えたりしますよね?

そんなかんじの役割と考えると、結構ぴったりきます。

プログラミング言語が使えるということは、数学的には四則演算をマスターしたレベルであり、アプリケーションを構築するためのデザインパターンを熟知している人は、便利な公式を使いこなすことができるレベルで、「アプリケーション作成」という問題が与えられたとき、公式を使ったほうが効率もいいし、間違いも少なくなると思いませんか?

 

というわけで、憶えてしまえば良いわけなんですが、実際のアプリケーションにデザインパターンを適用することを考えると、

  • 開発するプラットフォームや言語によって変わってくる
  • プレゼンテーション層(UI)によって大きく限定される
  • アプリケーション全体ではなく、個々のUIのコンポーネントに対して別々のパターンを適用する場合もある

といったことがあり、知識としては憶えていても、日頃からデザインパターンを意識してアプリケーションを作成していかないと最適なデザインを選択できなかったりします

一例として、一昔前はWebアプリケーションといえば猫も杓子もMVCパターンで、それさえ知っていればまぁなんとかなったと思いますが、Ajaxを利用したUIを採用した場合、Viewに相当する部分がクライアント・サイドなので、MVCパターンではちょっときついのかなと。

 

まぁ数学でも公式を使いこなすまでに相当訓練するわけですし、デザインパターンも最初に叩き込んで、ことあるごとにアプリケーションのデザインについて考えるような癖をつけさせていかないといけないなぁ、と思う今日この頃です〜。

posted by aki at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。